熊本地震「避難所で食中毒」原因はおにぎり!お弁当も気を付けて?

onigiri-j

今月6日、地震の避難所になっている熊本市の小学校で避難している人たちなどが腹痛などの症状を訴えた問題で、昼食に提供されたおにぎりから食中毒を引き起こす細菌「黄色ブドウ球菌」が検出され、保健所はこのおにぎりが原因の集団食中毒と断定しました。


今月6日、地震の避難所になっている熊本市中央区の城東小学校で、避難している人たちなど6歳から84歳までの男女34人が腹痛や吐き気を訴え、このうち21人が入院しました。




当日の朝に地元の飲食店が調達


善意の心でやっていても気温等の関係でこんな事態に・・・。




そろそろ危険ですね。




今や人気が少なくなってしまいましたがやっぱり梅干しの殺菌効果はすごいんです。

対策は?




手は愛情が詰まっていいのですが、今の時期ですと繁殖の恐れがあります。




焼きおにぎりだからあーんしん、という訳でもなさそう。

おにぎらずにして、傷みにくい食材を使うなどの工夫が必要に。

これから湿度も高くなってくる季節、被災地でも十分にこのような対策をとる必要がありそう。
スポンサードリンク