野菜は危険!ヤリがちだけど「エッチのとき絶対ダメな行動」2つはコレだ!

ヤリがちだけど「エッチのとき絶対ダメな行動」

339170_20160107133527-9_576


エッチの時、好きなプレイは誰しもあるかと思います。
しかし、そんなエッチでも「絶対ダメな行動」があるようです。

今回は海外情報サイト『Women's Health』の記事をもとに、“エッチの最中に絶対ヤっちゃダメなコト2つ”を紹介します!


1:野菜や果物は入れないこと!


「一人エッチの時でも彼とのセックスでも、野菜や果物を入れないこと」と、注意を促しているドクターがいます。

米スタンフォード大学の大学病院婦人科に勤務するリー・ミルヘイザー医師は、エッチの最中にアソコに野菜や果物に入れて、行為の途中で食べ物が膣内で折れて取り出せなくなり、救命室に駆け込んで来る女性を多く目にしたことがあるのだとか。

そんな事態になったら事情を説明するのも恥ずかしいですよね。

医師は「膣に何かを入れて快感を得たいのなら、専用の玩具を使うように。そうすれば、膣内で“迷子”になることはありません」とアドバイスしています。

確かに野菜には、性玩具の代わりになりそうな形をしたものが結構ありますが、やはり食べ物は本来の用途以外には使わない方がベターです。

小さい頃から、親に「食べ物で遊んではダメ!」と言われて育った人は多いと思いますが、その教訓は大人になってからも変わらないようです。


2:彼に「早くイッて」と急かさないこと!


一般的に、男性は女性よりもエッチでイクのが早いため、できるだけ長い間快感を感じていたいからと、イキそうになったら一旦出して、また挿入を続ける人がいます。

アっと言う間にエッチが終わってしまうのも難ですが、あまりにも挿入時間が長くなりすぎると、女性の方は痛みを感じたり、しんどくなったりすることもありますよね。

そこで、相手に「もうイク!?」とか「早くイッて!」と、サッサとフィニッシュするよう促す人がいますが、これはやめてあげましょう。

男性はプレッシャーがかかると、早くイカなければと焦るばかりに集中できなくなり、ますますイケなくなってしまうからです。

そして、仮に彼がイカなくても、そのことに関しては何も言わないのがベスト。

男性は、その時の体の調子や状況、疲労度により、最後までイケないことがあります。

そんな時は、「私に魅力が足りないから!?」なんて思わず、彼がイケなかったら優しくキスをして、ベッドでラブラブタイムを楽しみましょう。

セックスは、クライマックスに達することだけが目的ではありません。

“二人で親密な時を過ごすこと”を一番に考えて、ベッドで絡み合うようにしましょう。



いかがでしたでしょうか?

そして、もちろんエッチの時に“コンドームを使わないこと”が、最大のNG行為であることは言うまでもありませんね!
パートナーと安全なエッチを楽しんで、ますます仲良くなってくださいね♡


スポンサードリンク