鼻毛が出てますぞ!デート中に指摘できないけど「気まずすぎること」4つ

デート中に指摘できないけど「気まずいこと」




恋人との楽しいデート。

ワクワクしながら待ち合わせに行ったら、なんと彼がとんでもないことに…!!

今回は、『デート中に指摘できないけど、気まずすぎること』についてご紹介します!


1・鼻毛がでていること


付き合っている彼があまり美容に対して興味がない場合、実は結構よくあることで、鼻毛が2~3本でていても、そのまま待ち合わせ場所に来てしまったり……。本来は、待ち合わせ場所に向かう前にお手洗いに入り、チェックしていれば防げることですが、おそらく毎回時間通りに守ろうとするだけで精一杯なのでしょう。
どうしても、鼻毛が出ている確率が高いなら、あえてプレゼントとして鼻毛カッターを送り「気をつけてね」と、遠まわしにくぎをさしておくのもあり!


2・社会の窓が開いている


いくら本体が見えていないとはいえ、かなりの確率でチャックが開いていると、女性としてはがっかりです。電車に自分だけが座ることになると、ちょうど目線的に彼の股間が目に入ってくるはず。もし、その時点で開いていることに気づいたら、容赦なくコソっと指摘してあげましょう。


3・歯磨き粉の跡がついている


待ち合わせ場所に集合した途端、彼の口の両端が真っ白の状態……。おそらく慌てて歯磨きをした結果残ってしまったんでしょうから、全力で怒れない……ですが、きちんと鏡は見てきてほしいものです。身なりを整えることはデートの基本中の基本。それさえ守れなくなってきているなら、相手に対して甘えている証拠です。
だって、もし初デートをした男性が歯磨き粉をつけながらやってきたら、付き合おうとは思えませんから! 彼ももちろん、こちら側も同じ振る舞いをしないように気をつけましょう。


4・ニンニク臭い、お酒臭い


体質的によるものなのでしょうか? 本人が「昨日は飲み会だった」と言わなくても、お酒臭かったり、ニンニク臭かったりと、一緒にいるのが苦痛に感じるほどのニオイを発している場合もあるでしょう。
そんなときは、口臭対策としてタブレットやガムなどを渡して、翌日にデートを控えている場合、飲みすぎないようにとチクリと指摘しておきましょう。お酒の量さえ調節できないなんて、社会人として失格です。



指摘できるかどうかは、女性側の性格や付き合いの長さにもよるかもしれません。

しかし、もしも彼女が勇気を振り絞って教えてくれた場合、彼氏も二度と同じ失態を繰り返さないようにしましょう!
スポンサードリンク