テレ朝・田中萌アナはどうなる?「不倫報道」された女子アナたちの“その後”が…

「不倫報道」された女子アナたちの“その後”

2015093008190202a


2016年12月8日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で、テレビ朝日系の情報番組『グッド!モーニング』に出演する加藤泰平アナウンサー(33)とサブMCを務める田中萌アナウンサー(25)との不倫疑惑が報じられた。
テレビ朝日はこの報道を受け、「プライベートなことですので、お答えは控えさせていただきます」とした一方で、二人の出演については「報道、情報番組ということもあり、出演を当面見合わせることにしました」とコメントした。

今回のスキャンダル以外にも、これまでアナウンサー絡みの不倫報道は意外に多い。
彼女達は世間からも芸能界からも強いバッシングを受け、その後をどのように過ごしているのだろうか?



11月15日発売の『FLASH』(光文社)に、ジャニーズタレントの生田斗真(32)の弟で、フジテレビアナウンサーの生田竜聖(28)との別居をスクープされたのは、同じくフジテレビの秋元優里アナウンサー(33)。一部で不倫疑惑が報道されていた秋元アナだが、11月20日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演した際、これをキッパリと否定した。

 秋元アナは、生田アナとの別居を認めた上で、「離婚に向けて協議中です」と、離婚間近であることを告白。しかし、共演者から質問された不倫疑惑については「やましいことはありません」と断言。離婚についての詳細を語っていないだけに、言葉の真偽の判断は難しいところだが、不倫騒動の末に仕事が激減してしまったアナウンサーも少なくないだけに賢明な返答だったといえそうだ。

 NHKでは2016年7月に、不倫がきっかけで番組降板を余儀なくされたアナウンサーもいた。始まりは、同局のローカル番組でキャスターを務めるアナウンサー同士の不倫がスクープされたことだ。『FRIDAY』(講談社)が仮名で報じたこのスクープ。男性アナは妻子がいるにもかかわらず、女性キャスターと二人で何度も出かけていたという。さらに、車の中で行為に及ぶ場面もばっちり撮られており、言い訳はできない状態に。

 この不祥事に、NHKの籾井勝人会長(73)は大激怒。定例会で「NHKの職員、とりわけテレビに出る人は影響力を自覚して行動してほしい」とクギを刺していた。その後、当事者と見られる二人は番組から姿を消し、NHKの公式サイトからもその名前が消去されている。理由については「一身上の都合」とされ、詳しい内容は分からないがこの不倫騒動が関係している可能性は高いだろう。

 また元朝日放送アナウンサーでタレントの山本モナ(40)は、2度のスキャンダルで芸能活動の危機を味わっている。1度目は2006年、『NEWS23』(TBS系)のキャスターに抜擢されたばかりの頃に起こした事件。民主党(当時)の細野豪志衆院議員(45)と路上でキスをしているところをスクープされてしまったのだ。このため、せっかく抜擢された『NEWS23』を出演回数わずか5回で降板することに。その後キャスターとしての仕事はなくなっていたが、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で「私はキスが我慢できない」「好きになるのは友だちの彼氏」などと発言し、“恋多き女”キャラを確立。くしくもバラエティで活躍することになった。

 しかし、『サキヨミ』(フジテレビ系)で1年9か月ぶりにキャスター復帰したところで、今度は妻子持ちである元読売ジャイアンツの二岡智宏(40)と二人でホテルに入っていくところをスクープされ、不倫疑惑が発覚。山本は「お酒を飲んでいただけで何もなかった」と不倫は否定していたが、ホテルに入っていったことは認めており、事務所からも謹慎処分を言い渡されることになった。結局『サキヨミ』もすぐに降板となり、出演したのはたったの1回という残念な結果に。山本は2010年8月に一般男性と結婚し、現在は二児の母。個人事務所を立ち上げ、タレント業を平行して続けている。



アナウンサーというお堅い立場の会社員。
テレビ朝日の二人はどのような道を辿るのだろうか。



スポンサードリンク