ベッキーのことは無視したよね?ゲス川谷「ほのかりんの賠償金肩代わり」で物議

ベッキーは無視でも、ほのかりんの賠償金は払う?

becky-enon-break_1-660x400


またまた、ゲス川谷が叩かれる事案が発生した。

人気ロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカルをつとめる川谷絵音(28)が、交際相手のタレント・ほのかりん(20)が出演予定だったCM降板による損害賠償金を全額負担したと12月18日に報じられた。
一方で元恋人でタレントのベッキー(32)が支払ったとされる総額5億円とも言われる賠償金にはノータッチだったため、ネット上で物議を醸している。


ベッキーとの“ゲス不倫”発覚後、川谷との交際をキャッチされた、当時未成年のほのかりん。
半同棲や温泉旅行の報道まで飛び出したが、川谷の新しい交際相手として注目を浴びたことが災いし、未成年飲酒疑惑が浮上。
事務所も飲酒の事実を認め、ほのかりんはレギュラー出演していたNHK Eテレの教育バラエティ番組『Rの法則』と、決まっていた某メーカーのCMから降板することになった。

川谷もほのかりんの未成年飲酒を重く受け止め、12月7日に予定していた3rdアルバム『達磨林檎』の発売を中止。
またグループの活動自粛を発表した。そして川谷は、ほのかりんがCM降板で発生してしまった多額の賠償金を全額負担したのだ。

ネット上では川谷に対し、ベッキーとほのかりんへの“対応差”に大ブーイングが飛んでいる。

「ベッキーの違約金は払わずに逃げたくせに」
「ベッキーも悪いけど、これは同情するわ」
「ベッキーにも払ってやれ」
「(ほのかりんに対する)愛人代」


世間の川谷への批判はまだまだ止まりそうにない。

では、気になるほのかりんの賠償金は一体いくらだったのだろうか?
CMだけ見てもおよそ10本契約し、知名度も高いベッキーに比べれば少額であることが見込まれるが………。

「例えば女優の土屋太鳳(21)や二階堂ふみ(22)で2千万クラス、今年ブレイクしたりゅうちぇる(21)は1千万クラス。ほぼ無名のほのかりんの出演料は、多く見積もっても数百万円と思われる。川谷なら即金で払えるでしょう。ベッキーの場合は、規模が大きすぎて男気を見せるどころではなかったでしょう。また“法は犯していない”、“不倫はそれぞれの自己責任”というという考えで支払い義務を感じなかったのでは」(報道関係者)



ベッキーは12月、総額5億円の賠償金を事務所と折半し、およそ2.5億円の賠償金を完済した。
にわかに川谷との“芸能格差”を見せつけた格好だが、紅白出場歌手の川谷にとってベッキーは、不相応の”格上の相手”だったのだろうか。

ベッキーの再出発を見守るとともに、川谷にはもう少し真面目になってほしいところだ。
スポンサードリンク