モーニング娘。最大の問題児?久住小春の”ワガママ事務所移籍” 先輩メンバー・道重さゆみをストレスで悩ませる

久住小春はモーニング娘。最大の問題児?

元モーニング娘。のメンバーで、モデルの久住小春(24)が7日、芸能プロダクションのオスカープロモーションに所属していたことが分かった。
久住は昨年11月末に前所属事務所との契約を終了し、今年の1月1日から現事務所への所属となったという。
既に女優としての活動も決定しており、21日からスタートするテレビ朝日系のドラマ『女囚セブン』の出演も控えている。

久住は2005年にモーニング娘。の7期生としてデビュー。
応募総数が2万人を超える中の唯一の合格者として選ばれ、グループ活動の他に、デビュー翌年にはアニメ番組の主演声優と主題歌を担当して早々にソロデビューを果たした。

2009年にモーニング娘。を卒業後はモデルとして活動し、雑誌『CanCam』(小学館)の専属モデルをつとめていた。
着実にステップアップしているかのように見える久住の経歴だが、芸能関係者は彼女の困った一面について話す。

スポンサードリンク