船越英一郎、心労で激やせ…それでもNHK『ごごナマ』を降板しないワケとは?

船越英一郎、NHK『ごごナマ』を降板しないワケ




妻で女優の松居一代(60)から誹謗中傷を浴びせられている俳優の船越英一郎(56)に、心配の声が続々と寄せられている。
船越はNHKの昼の情報番組『ごごナマ』でMCを務めているが、10日の生放送中に、ゲストのお笑い芸人・はなわがヒット曲「お義父さん」を歌うと、「何度も聞いているのに、なんでこんなに泣けちゃうのか」と話し、泣き出してしまう場面があった。

松居との結婚当初、こんな未来が待っているとは当然思ってもみなかっただろう。
あまりにもつらい窮地に立たされている船越だが、番組を降板もせずに出演を続けているワケとは何なのだろうか?


テレビ関係者は、船越が降板しない理由についてこう話す。

「それでも、船越が出演を続けるのは、もし番組を降りれば、自らの不倫を認めたと取られかねないからです。NHKとしても、松居の主張を理由に船越を降板させ、後になってその主張が事実無根だったと認められれば、大問題となる。静観せざるを得ないわけです。ただし、離婚問題が調停から裁判に進んで長期化、泥沼化すれば、主婦層がターゲットの『ごごナマ』へのダメージは相当なものになる。視聴率も2~3%に低迷しているため、早期の打ち切りもあり得ます」



そんななか松居は、アメーバブログを運営するサイバーエージェント側から名誉毀損の可能性を指摘された。
一部の投稿を削除したものの、その後もブログを更新し、新たにLINEを開設したことを報告。YouTubeにも新しい動画を投稿し、

「正々堂々と胸を張って、悪党は必ずやっつけます。負けるものか」

と燃えている。

広告代理店の関係者は、

「今回の騒動で、船越さんのイメージは完全に崩れてしまった。“バイアグラ”“セックス”“糖尿病”の印象が強すぎる。今後、健康食品やブランド品などのCMがくることは考えられない。きたとしても、コンドームや精力増強関連のものでしょう」


と語る。

テレビもCMもなくなりそうな船越だが、これが松居の狙いだとしたら…。
あまりの執念深さに身震いしてしまう。
スポンサードリンク