2位はアキラ100%!!「年末までには消えてそうな芸能人」ランキング 1位はあの…

「年末までには消えてそうな芸能人」ランキング




今年も年明けから、数多くのタレントやお笑い芸人たちがブレイクしてきた。
しかし、その中でも人気がずっと続く人間はほんの一握り。

AbemaTVで26日に放送された『マジガチランキング』では、「年末までには消えてそうな芸能人」のランキングが発表された。
できれば入りたくないランキングに入ってしまったのは、誰なのだろうか?



番組では「年末までには消えてそうな芸能人」について街頭インタビュー。

第3位はサンシャイン池崎(35)がランクイン。「一発屋な感じがしてうるさいから好きじゃない人が多い」「叫ぶだけ。トーク力つけたらほうがいい」と、芸風を指摘する声が。

第2位はアキラ100%(42)。「全裸以外にネタがなさそう」「裸の芸人はすぐ消える」と厳しい意見が。3位のサンシャイン池崎同様、一発屋というイメージをもたれているようだ。

そして第1位はブルゾンちえみ(26)。お笑いだけでなく、CMや女優業も並行して行うマルチなイメージがあるブルゾンだが、「テレビで最近見ない」「似たようなことばかりやっているから消える」という声が。やはりキャラクターの印象が強すぎるということだろうか。

その他、4位はピコ太郎(44)、5位はタレント・りゅうちぇる(21)という結果に。

芸能人というくくりながら、お笑い芸人ばかりが名を連ねるランキングに。MCのカンニング竹山(46)は「売れてるからこそだよね」とフォロー。良くも悪くもランキングに入ることは「旬」な芸能人だと思われていると明かした。

また、ランキングの10位には「バイアグラ不倫」暴露で騒がれている女優・松居一代(60)が。

竹山は「昔、芸人で、今はユーチューバーじゃないんですか?」とチクリと毒舌を吐く場面も。スタジオからは「大女優さんです!」とツッコミが入り、笑いが起こった。

はたして、この中で本当に年末までに消えている芸能人はいるのだろうか。


スポンサードリンク