矢口真里、不倫相手と”再婚願望”語るもネットでは「ますます中村昌也がかわいそう」の声

矢口真里、不倫相手と”再婚願望”語る




元モーニング娘。のメンバーで、タレントの矢口真里(34)が28日に関西地区などで放送されたカンテレのトーク番組『怪傑えみちゃんねる』に出演。
交際中の元モデル・梅田賢三さんとの再婚を希望していることを語った。

だが、もともと梅田さんとは………。



5月に一部週刊誌で再婚を決意したとの報道がされたが、翌週にはその報道を受けて再婚発表を延期下と伝えられた。

報道のきっかけとなったのは、矢口の妹が5月にハワイで挙式を挙げた際、梅田さんも同伴していたことで婚前旅行と誤解されたためだという。

再婚報道が繰り返されたことにより、矢口は「何月に結婚したらいいのか分かんなくなっちゃって。今、迷走中です」と告白した。

この発言に対しMCの上沼恵美子から「週刊誌の記事なんて、ほっときなさい」とアドバイスされ、矢口は「じゃ、もうすぐ!」とあらためて結婚への意欲を見せた。

矢口は梅田さんとの浮気現場を夫の俳優・中村昌也(31)に目撃され、離婚している。

中村と離婚した時、浮気相手とはすぐに別れるだろうという予想が多かったが、4年経った今でも交際は続いており、女性向けネット掲示板「ガールズちゃんねる」では、積極的ではないにせよ、一部で肯定的な意見が寄せられている。

「まあ……他の人とするよりはマシ」

「結婚生活より長く続いてるね。まあ再婚したらどうなるかは知らんけど」

「あれだけの騒動のあともまだ続いてるのはとある意味凄いな」

「決してファンとか好きではないけど、あれだけのスキャンダル起こしても周りのタレントが優しいとこ見てると、性格はいいのかなって思う」

男性をとっかえひっかえ付き合っているという訳ではなく、4年も交際し続けているというのはある意味、真剣交際とも言える。

しかし、付き合ったきっかけはあくまでも不倫であり、女性側の浮気現場を男性が目撃して離婚という展開はインパクトが強すぎたからか、矢口に対するマイナスイメージは根強く残ったままである。

「そういう宣言いらないから、ひっそり暮らしてほしいね」

「加害者側がこんなんだと、ますます中村昌也が、かわいそうだな」

「好感もてない。元旦那にえげつない事をしたのに、まだ、自分の幸せ願う」

かつては「ワイプの女王」と言われるほど、バラエティー番組に引っ張りだこだったが、いまだに浮気発覚前の状態にまで人気が回復したとは言えない。

現在のレギュラーは、『教えて!アプリ先生』(TOKYO MX)と、ネット番組の『火曜The NIGHT』(AbemaTV)のみで、地上波の全国ネットの番組にはほとんど出演しておらず、あまりにも不倫の代償が大きかったといえよう。

果たして結婚することにより、ようやくみそぎは済んだということになるのか、今後の行方が注目される。


スポンサードリンク