「歌詞が気持ち悪い」「不謹慎」海外からも非難を浴びた秋元康の炎上エピソードまとめ

秋元康の炎上エピソードまとめ

秋元康がプロデュースをつとめるアイドルグループ・欅坂46の楽曲『月曜日の朝、スカートを切られた』が、「不謹慎だ」として賛同を集めるネット署名活動が起こる事態にまで発展している。

署名を呼び掛けた女性は、実際に制服のスカートを切られた経験があるという。
署名サイトで、「この曲をテレビで紹介しているときに嫌な思い出が蘇り、電車に乗るのがまた怖くなりました」と気持ちを綴り、8月4日現在、およそ7,000人が賛同して炎上する騒ぎになっている。

実は、秋元が手掛ける歌詞やプロデュースするグループが炎上するのはこれが初めてではない。
海外からも批判を浴びた、彼の炎上エピソードは次のとおりだ。

スポンサードリンク