坂口杏里、“渋谷のキャバクラで働く”と報告するも即削除!「クビになった?」の声

坂口杏里、“渋谷のキャバクラで働く”予定では?




セクシー女優のANRIこと坂口杏里が20日、六本木のラウンジを辞めて21日から渋谷のキャバクラで働くとSNSで報告した。
しかし、その投稿がすぐさま削除されたことで、ユーザーからは「クビになったのか?」と疑問の声があがっている。



6月中旬から六本木の会員制ラウンジでホステスとして働いていた坂口だが、自身のSNSに突然「六本木のラウンジを辞め、明日から 【渋谷SEASIDE】で働く事になりました!!」と投稿。「今までは店名など書けなかったんですが渋谷SEASIDEさん側から了承を得たので 是非会いに来てください」と呼びかけている。

 坂口といえば、4日に「7月度総合ランキングが一位だったみたいです!」「正直夜の世界1ヶ月続いた事が初めてでプライベートの時間なんて作らないでただがむしゃらにやってきた結果なのかな、本当にありがとうございます。8月も一生懸命がんばります!」と店のNo.1になったことを報告。さらに、9日には「毎日シャンパンありがとうございます 会長、オーナー含めファミリーです!!」と投稿していただけに、ネット上では「なんで急に辞めたの?」「あれ? ファミリーじゃなかったの?」「クビになった?」と疑問の声が相次いでいる。

「『渋谷SEASIDE』は、渋谷駅前の『SHIBUYA109』の目の前に看板を掲げる一般的なキャバクラ。全国にキャバクラを展開するグループが営む店で、六本木の高級ラウンジに比べるとランクダウンにも思えるため、坂口を広告塔に使いたいグループ側が好条件で引き抜いたかのかも。ただ、坂口が店名を投稿したインスタグラムは21日までに削除され(編注: 自動連携と思しきTwitterの投稿は残ったまま)、店のホームページの21日の出勤情報も一向に更新されない。裏で何かしらのトラブルが起きている可能性も」(芸能記者)

 4月、交際していたホストから現金3万円を脅し取ろうとしたとして、恐喝未遂容疑で逮捕され、釈放された坂口。かつては自身のAVの販促イベントでファンと交流していたが、事件以降は新作を出してもイベントは開催されていない。

「会員制の店から駅前のキャバクラに移るとなれば、ファンも気軽に会いに行けそう。しかし、有名人がキャバクラや風俗店で働いた場合、すぐに辞めてしまうケースがほとんど。マスコミにも追われていますから、坂口が渋谷の駅前で普通にキャバ嬢を続けていくとは考えにくい」(同)

 来月にはAV8作目となる『つっこみどころ満載ご奉仕! おしゃぶり大好き芸能メイド』(ムーディーズ)のリリースを控えている坂口。売れっ子AV女優兼キャバ嬢として、新しい店でもNo.1になれるだろうか?


スポンサードリンク