森渉・金田朋子夫妻、番組収録は”赤ちゃん連れ”!!「いろんなところに連れ回して」「人それぞれ事情がある」と賛否

番組収録は”赤ちゃん連れ”の金田朋子夫婦に賛否の声




44歳で第1子となる長女を出産した声優の金田朋子と、夫でタレントの森渉夫妻が、テレビ収録の際に赤ちゃんも連れていることが話題となっている。

このことには賛否両論の意見が出ているのだが、みなさんはどう思うだろうか?



今年6月20日に長女・千笑ちゃんを出産した金田朋子(44)は、8月7日の番組収録から現場に復帰している。テレビ番組は夫・森渉(34)と一緒に出演することが多く、制作側の許可が得られれば娘を連れて楽屋入りするという。だがそのような育児に批判的な意見もあるようで、これについて森が自分たちの考えを説明している。

26日の『森渉オフィシャルブログ「わたるの毎日運動会」』では、金田朋子と共に日本テレビ系『ダウンタウンDX』の収録に参加したことを報告している。この日は森の母と千笑ちゃんも一緒に楽屋入りし、収録の間は面倒を見てもらったという。生後2か月の赤ちゃんを「そんないろんなところに連れ回して」という批判が彼の耳にも入っているようだが、「母乳で育てている場合、長時間おっぱいを出さないと乳腺が詰まって乳腺炎になってしまう」「どこかに預けるために連れ出すなら、一緒に楽屋までいくのも同じ」ということで、夫婦が一番安心できて効率的な方法を選んでいるそうだ。

また金田が単独の仕事で外出する時は、スケジュールが空いていれば森と千笑ちゃんは自宅でお留守番となる。というより今のところ母乳が出ない以外は、金田より彼の方が手際よく赤ちゃんのお世話ができるのだ。それでも「男なんだからお前が働けよ」という声が少なくないらしい。森も以前は“男が稼ぐのが当たり前”、“それが男としてのプライド”だと思っていたというが、父となり家族の笑顔を守るには一番に何をするべきなのかを考えた時、「辛くてもしんどくても、とにかくバイトでも何でもして働きまくって稼ぐ」よりも、今ある仕事をこなしながら時間の余裕がある森の方が育児を頑張ることにしたのだ。

フォロワーも「家族の形はみんな違います。笑顔がたえない家庭が一番」「誰がなんと言おうと、貴方達の方法で育児に励めばいい。十人十色、環境も違えば、人それぞれ、事情があります」「仕事もして、育児もたくさん手伝ってくれる森さんは素敵な旦那さん、素敵なパパさんです」「無理をしないで、できる範囲で、できることをするのが一番いいよ。自信を持って頑張って下さいね」と森・金田夫妻の子育てにエールを送っている。


スポンサードリンク