海老蔵、自身と麻央さんの母親に”若さをプレゼントしたい”との親孝行が物議かもす!!「また怪しい民間療法では?」

海老蔵、自分と麻央さんの母親への”親孝行”が物議に




歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が30日、自身のブログを更新。
海老蔵自身の母と、6月に乳がんで亡くなった妻・小林麻央さん(享年34)の母に親孝行をすることを綴った。

しかし、その”内容”がネット上で物議をかもしているようだ。



麻央さん亡き後も小林家と積極的に交流を持っている海老蔵。先日まで海老蔵ファミリーが楽しんだハワイ旅行も、麻央さんの妹でフリーアナウンサーの小林麻耶(38)が同行するなど家族同然の付き合いは未だ顕在な様子だ。

 海老蔵は30日の朝に「母親孝行」というタイトルでブログを更新。「私の母と麻央のお母様に、若さをプレゼントしたくて、かなりお金かかりますが親孝行です」とつづり、自分の母のみならず、麻央さんの母にも親孝行を行うことを報告。さらに、「日頃の感謝 言葉ではなかなか言えない不器用君なので…行動にてささやかに」とつづり、その後のブログでは「エステではないですよ」「今日検査して一か月後に各々にあったものを再度身体にいれてお母様とおふくろは綺麗になるというものです」と、具体的な治療名などは伏せているものの、血を抜いて、後日新しい血を再び体内に戻す美容療法のようなものであることを明かした。

 海老蔵のこのブログ記事に読者からは「親孝行、素敵ですね。お母様方は海老蔵さんのお気持ちがとても嬉しかったでしょうね!」「海老蔵さんの、行動に移せる所がステキです!」という声が集まっていた。しかし、その一方で、ブログの文面からは何らかの民間療法かエセ科学を想像させる部分もあり、ネット上には、「また怪しい民間療法的なやつですか?」「エステの方がリラックスも出来てよほど喜ばれると思いますけど…」という意見も見られた。

 麻央さんの急死後、一部メディアでは、民間療法を行っていたために乳がんの治療が遅れたとする報道もあった。海老蔵の親孝行がよきものであることを祈りたい。


スポンサードリンク