『24時間マラソン』完走のブルゾンちえみ、感動のゴールだったけど…「まるで選ばれることが罰ゲーム」とネットでは賛否

ブルゾンちえみ、感動のゴールだったけど…




引っ張りに引っ張って発表された、今年の日本テレビ系『24時間テレビ40』のチャリティーマラソンランナーは、大ブレイクしたお笑い芸人のブルゾンちえみ(27)だった。

そのブルゾンがゴールした瞬間は大きな感動に包まれたものの、今回は発表の仕方に賛否が広がっており…。



「引っ張った割にはサプライズなし、という声が多かったんですが、ブルゾンちえみの頑張りは感動を呼びました。

 瞬間最高視聴率は、ブルゾンが日本武道館に入り、ゴールテープを切る直前の場面で40.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。歴代5位という高視聴率でした。スタッフはしてやったりのようですが、ランナー発表までの過程については賛否両論を呼んでいます。

 当日まで誰かわからないということで、候補者たちのそれぞれの練習風景などを個別に事前に撮影していましたが、ランナーになることを嫌がる人やふざけているような人もいて、まるで選ばれることが罰ゲームのようになってしまっているのはチャリティー番組としてふさわしくないという声もあがっていますね」(スポーツ紙記者)

 しかし、これだけの高視聴率を取れるからには、来年もやめられない。


スポンサードリンク