武井咲、”違約金10億円”は「ありえない」と広告関係者!!強引に行なえば『悪徳企業』のレッテル貼られる可能性も

武井咲、”違約金10億円”は「ありえない」




突然の妊娠と結婚報道により、出演しているCMの企業への違約金が10億円にも及ぶと噂されていた女優の武井咲。

だが、広告関係者が「ありえない」と否定したという。



EXILE・TAKAHIRO(32)との結婚・妊娠を発表した女優・武井咲(23)だが、CMなどの「違約金」がどうなるのか注目を集めている。例えば、デイリースポーツの電子版は「違約金は10億? 所属事務所はお詫び行脚」という記事を配信。同記事によると武井は10社のCMに出演しており、さらには「また、テレビ、映画などでは、脚本や、撮影・公開スケジュールの変更で違約金、賠償金が発生する可能性がある」と述べ、業界関係者による「(全てを合わせると)10億円もありうる」とのコメントを紹介している。

 だが、この報道に首をかしげるのは大手広告代理店の営業担当者だ。「10億円はあり得ない」と語る。

「スポンサーは“空気”を読みます。すでにJTBは『影響はない』というコメントを取材に答えており、資生堂は祝意を示している。不倫・略奪愛でもない武井の結婚は祝福ムードの方が強い。そこで違約金を強引に取りに行くとむしろ『悪徳企業』のレッテルを貼られるので、違約金は発生させるべきではないと判断する企業の方が多いのではないでしょうか」

 かつて、ベッキーが不倫発覚でCM契約を軒並み切られた際は「奴隷契約」などといった批判が噴出した。恋愛は自由であるにもかかわらず、「大人の事情」により恋愛に制限がかけられることへの異議も多数呈された。だが、「不倫」だっただけに世間の空気としては、打ち切りもやむなし、というものになった。

 そして今回の武井だ。確かに武井は「CMクイーン」として活躍している。CMの仕事は映画や舞台、テレビの仕事よりもギャラが高い傾向にあるため、仮に違約金が発生した場合、CMがその比重の多くを占めるだろうが、それでも「10億円はあり得ない」という。その根拠を前出・営業担当者はこう語る。



「すでに契約期間が途中まで来ているだけに、違約金を要求されても全額返還というのはあり得ない。あと、武井が所属するオスカープロモーション所属のタレントは、ギャラの『定価』とは違う額で契約をすることで知られている。今回の報道の『10億円』がどう算出されたのかは不明だが、仮に『8000万円×10本』(CM)、『2億円』(その他仕事)といった計算を、『10億円』の発言者がしたのであれば、そんな単純なものではない」

 同担当者は、武井のCMギャラが1億円に近いといった話はあり得ないとしたうえで、オスカーのCM獲得事情についてこう語る。

「かつて菊川怜が21社と契約して話題となりました。米倉涼子、上戸彩も同様に多数のCM契約を獲得しています。そして武井です。なぜ、オスカー所属のタレントがここまで多いかといえば、『企業の格』に応じて“ギャラの値下げ”をしてくれるからなんです。化粧品やお菓子といったステータスの高いブランドのCMであれば、本来のギャラよりも下げてくれる。本当にその仕事を取りたかった場合『えっ? この額でいいの?』という額をオファーしてくることもあります。彼らの戦略は多数のCMに出すことにより『旬』感を出すもの。だから一流企業のCMに多数出ている武井なだけに、値下げしたケースもあると思う」

 武井の結婚・妊娠報道においてそれほどネガティブな空気が出ていない中で、仮に「違約金1億円、事務所幹部が土下座」などといった報道が出た場合、スポンサーに対して人権派は黙っていないだろうし、その会社は不買運動を起こされる可能性すら想定される。今回の件については「各社、世間の空気と他社の動向を見て、なんとなくなかったことにして、事務所に多少の“貸し”を作って将来何らかの良い条件の契約をする、といったところに落ち着くのでは」(同前)との見立てだ。


スポンサードリンク