船越英一郎と離婚調停の松居一代に”逮捕”報道飛び出す!!『住居侵入罪』での立件を目指している

松居一代、『住居侵入罪』での立件も視野に?




夫で俳優の船越英一郎との離婚調停がはじまった、女優の松居一代。

なんと、彼女にはとうとう”逮捕”報道まで飛び出してしまい…。



「またぞろ世間をアッと言わせる奇策に出るんじゃないか」との見方が出ている。松居一代(60)が、夫で俳優の船越英一郎(57)相手に繰り広げている離婚バトル。

 7日発売の「女性セブン」が「松居一代『逮捕へ!』」との見出しの記事で、全国紙社会部記者の話としてこんなコメントを伝えている。

「実は警察が松居さんの逮捕、事件化の可能性を本気で探って捜査を続け、秒読み段階に入ったようです」

 同誌によると、警察が着目しているのは、松居がブログなどで流してきた「恐怖のノート」や船越のパスポートの出どころ。「ある新聞記者が周辺取材を始めると、どうやら警察が『住居侵入罪』での立件を目指していると分かったそうです。今、各メディアはこぞって取材を進めています」とのコメントも紹介している。この報道に、あるメディア関係者はこう言う。



「情報の確度はともかく、同誌は船越サイド、所属事務所寄りという見方もマスコミにはある。そうだとすれば、船越サイドからの反撃パンチ、松居劇場をやめろという牽制じゃないか――との臆測も飛び交っています」

 このほど東京地裁で始まった離婚調停は、船越サイドが松居からのDVを理由に申し立てたもの。松居は船越に不倫を認め、謝罪するよう求めているが、船越は不倫を完全否定している。その裁判で、松居が不倫の証拠としている船越のノートが証拠として認められるか分からないというし、船越は名誉毀損やプライバシー侵害でも松居を提訴したという報道もあり、松居は劣勢のようにも見えるが、どうなのか。

 ベテラン芸能記者の青山佳裕氏は言う。

「反撃されて頭を引っ込めるどころか、世間やマスコミをあっと言わせるような次の一手に出る可能性が高いと思いますよ。4日の第1回調停に、東京地裁までの移動で電車を使ったことからも分かります。高級外車ベントレーなどがありながら、あえてそうしたのは、芸能マスコミを引き連れ、足元に置いて、その動向をウオッチさせるため。世間に流させるため。ネットの動画で連日の船越さん攻撃をしていた頃のすっぴんとはイメージをガラリと変え、きちんと化粧し、きちんとした服装で登場したことからも、それは分かります。またドカンと注目を集め、自分のシンパを得る次の作戦をもう始めているのでしょう」



一体どんな手を出してくるのか。

「こちらの読みを超えたものになるんじゃないですか。彼女には業といいますか情念といいますか、一度噴火したら止まらないマグマのようなものがあり、頭で考えるより、刹那的な感覚で行動を起こしてきた。同時に何かやったあと、冷静に分析し、どうやったら世間を味方につけられるか、自分を正当化できるか、善後策を練っている節がある。誰も自分を助けてくれない、自分で自分を助けるしかないという背水の陣で今回の騒動を起こしているように見えますので、船越さんサイドも固唾をのんで動向を注視していると思いますよ」(前出の青山氏)

 かくして松居劇場、秋の陣が始まるのか。


スポンサードリンク