武井咲とTAKAHIROだけじゃない! “できちゃった結婚”を繰り返す芸能人まとめ

“できちゃった結婚”を繰り返す芸能人とは?




女優の武井咲と人気グループ・EXILEのTAKAHIROが”デキ婚”したことは、世間に大きな衝撃を与えた。

だが、当然デキ婚した芸能人はこのふたりだけではない。

中には何度もデキ婚をするカップルもいて…。



「清純派イメージの強かった広末涼子ですが、“でき婚”を2回経験しています。1度目は23歳の時で、“出来ちゃった婚でもしない限り結婚なんて出来ない状況だった”と2016年発売のファッション誌『FRaU』(講談社)のインタビューで語っています。その後は08年に離婚し、10年にキャンドルアーティストのキャンドル・ジュンと再婚。こちらも、結婚と出産の時期を考えるとでき婚だったといわれています。現在もキャンドル・ジュンとの結婚生活は続いていますが、14年に佐藤健との不倫が報じられたり、2人の関係を不安視する声も聞こえてきます」(芸能ライター)

モーニング娘。で絶大な人気を誇った加護亜依もでき婚の常連。まず1度目は11年、相手は一般の男性だ。

「初めの結婚の際、加護は自身のブログで妊娠と結婚を同時に発表。『普通の穏やかで温かい家庭を築いていけたら』と綴りましたが、その後、夫が加護に暴行を加えて逮捕され、離婚しています。16年に美容関係の会社を経営する一般人と再婚したものの、広末の時同様、結婚の時期と出産の時期を考えるとでき婚だったと思われます。最近もブログに子どもたちとの生活を楽しげに綴っていて、今では温かい家庭を築けているのかもしれないですね」(同)

そして、テレビなどで語る子育て論が時々話題になる土屋アンナも、何度もでき婚を繰り返していることで有名。

「土屋は、現在3人の子どもを育てながら芸能活動に取り組んでいて、9月2日には長男が『東京ガールズコレクション』のランウェイを歩いて話題にもなりました。この長男は04年に結婚したモデルのジョシュアとの子どもで、もちろんでき婚です。06年に離婚し、09年にはスタイリストと結婚&妊娠。次男を出産しましたが、16年に離婚しました。3回目の婚相手の詳細は明かされておらず、一般の男性とされていますが、16年11月に妊娠を発表してからもしばらく結婚せず、17年1月に婚姻届を提出したようです」(同)

土屋アンナの場合は3人の子どもとの仲睦まじい生活が、たびたびテレビで取り上げられるなど、でき婚後の生活も人それぞれ。武井咲とTAKAHIROの結婚生活はどうなっていくのだろうか。


スポンサードリンク