斉藤由貴、”不倫”を認めて福山雅治や広瀬すずにも迷惑かける?「とんだとばっちり」

斉藤由貴の”不倫”でとばっちりを受ける芸能人たち




女優の斉藤由貴が、50代の男性医師と報じられていた不倫疑惑を認めた。

今後も活動は自粛しないという斉藤だが、共演している芸能人たちへは多大な影響が出ているようだ。



9月5日に放送されたテレビドラマ「カンナさーん!」(TBS系)の視聴率が、7.9%だったことがわかった。8話目にしてシリーズ最低の数字を記録した形だ。

「同ドラマは初回から12%の高聴率を記録し、その後も9%台で踏みとどまっていましたが、今回一気に7%台まで急落。放送当日にはドラマで義母を演じる斉藤と、不貞相手とされる男性との自撮りキス写真が週刊誌に掲載され、ワイドショーでも大きく報じられたことで、ドラマのメインターゲットである主婦層が離れた可能性があります」(テレビ誌記者)

 同ドラマは、渡辺直美が孤軍奮闘するヒロインのカンナを演じ、その姿が多くの主婦の共感を呼んでいた。しかし不貞スキャンダルの“証拠”が出たことで、斉藤の演技を見たくないという視聴者が現れたとしても不思議ではない。

 さらに今回のスキャンダルが、公開されたばかりの大作映画にも影響を及ぼす可能性もあるという。

「斉藤は9日に公開された福山雅治主演の映画『三度目の殺人』に、広瀬すずの母親役として出演しています。予告編にも何度も登場しており、主要キャストの扱い。そのため不貞報道を嫌う女性層が鑑賞を敬遠する恐れもある。そうなれば主演の福山や広瀬にとって、とんだとばっちりですね」(映画ライター)

 8月3日の釈明会見では不貞行為について否定していた斉藤だが、9月11日に相手医師が不貞を認める発言をしたことで、いよいよ窮地に追い込まれた。7日に生出演した「オールナイトニッポン MUSIC10」(ニッポン放送)では「飯がまずい毎日」と話していた斉藤だが、不貞騒動の代償はそれどころではなさそうだ。


スポンサードリンク