※画像あり 佐藤健、”集合写真いじめ”の憶測報道に「ハブられたのが私だったら地味に辛い」「気付かなかっただけ」と意見わかれる!

佐藤健、”集合写真いじめ”の憶測報道で…




俳優の佐藤健(28)が、主演映画の完成披露試写会で共演者たちと自撮りした集合写真が「いじめではないか」と話題になっている。

これを受けて、ネットでは擁護の声と佐藤の気遣いが足りない旨の両意見が出ている。



佐藤といえば、イケメン俳優として『るろうに剣心』『世界から猫が消えたなら』などのヒット映画に出演。若い女性からの支持を多く集めているが、一方では「裏の顔がある」「女好き」などの悪評も絶えず、インターネットサイト『gooランキング』の「ぶっちゃけ“カッコ良さがわからない”若手俳優」ランキングで1位を獲得してしまったことも。今回はいったいなにが起こっているのだろうか。

この発端は9月4日に行われた映画『亜人』の完成披露試写会。トークショーなどで盛り上がったイベントの最後には、主演の佐藤健が自撮り棒を持ち、観客をバッグに主要キャスト全員で記念撮影を行った。

しかしその撮影の際、女優・浜辺美波(17)だけが写真に写り込んでいないという事態が起こってしまった。別のアングルから見ると浜辺は確かに集合写真の左側に位置する場所にしゃがみ込んでいるものの、写真ではちょうど浜辺の位置で見切れてしまっているのだ。

本作は女性キャストが少なく、檀上に上がっていたのも浜辺の他は川栄李奈(22)のみ。撮影者本人である佐藤が他のキャストのことを把握していれば避けられたかも知れなかっただけに、写真を見たネットユーザーから批判が殺到する事態となってしまった。

このトラブルに、女性が多く利用する掲示板、ガールズちゃんねるには次のような声が集まっている。

「確かにこれはひどいね」

「ハブられたのが私だったら、地味に辛い」

「女子が2人しかいないんだから、後ろの男の子達はセンターを女子に譲ってあげれば良かったのに。映画の華なんだし」

「てか、撮る時画面見ながらだから誰かしらは絶対気づくと思うのに誰も写ってないこと触れなかったのかね」

「若手だからそんなズケズケ前の方にも行けなかっただろうな。まあ仕方がないにしても佐藤健も気づいてあげて欲しかった」


浜辺はまだ17歳の新人女優。先輩だらけの男性俳優の中に自ら身体を寄せるのは難しく、佐藤さえ気づいてあげられればこのような事態にはならなかったのではという声が多く見られた。

とは言え、今回の事態は偶然の不幸なトラブルという見方も強く、佐藤や他キャストからも明確な悪意は感じられない。いじめという言葉を使うのは少々過激すぎるのではという意見も見受けられた。

「女の子もうちょい寄ればよかったね。遠慮してたのかな?」

「気付かなかっただけでしょ。この子もぐいぐい写りにいけなかったんだね、男性だらけだもんね。誰も悪くないと思う」

「これ入らなくってゴメンてちゃんと撮り直したのも同じくらいに投稿してたよ。妹(浜辺さんの事)入る気持ち持ってくれーみたいな感じで2枚合わせてネタみたいな感じだった」


写真撮影後、浜辺が写っていないことに気付いた佐藤が自身のSNSを通じて浜辺が写り込んでいないことを逆にネタにしていたそう。しかし、以前からの悪評も少なからず影響してしまった今回の騒動。意図的ないじめではないにしろ、普段の行いが誤った情報を広めた要因のひとつであることは間違いない。


スポンサードリンク