斉藤由貴より悲惨か? 不祥事でCM契約を破棄された芸能人6人が払った代償まとめ

斉藤由貴より悲惨か? 不祥事でCM契約を破棄された芸能人まとめ

妻子ある50代の医師との5年にわたるW不倫を認めた女優・斉藤由貴。
本人にとっては3度目の不倫発覚であり、大バッシングにつながっている。

このため、来年1月スタートのNHK大河ドラマ『西郷どん』を降板し、さらに出演していたエミネットの飲料水『天使のララ』、KDDI『au』の2社のCMからも降板が決定した。
不倫騒動の代償はこれだけに留まらず、契約料の返還や違約金が請求される可能性が浮上している。

もちろん、不祥事は斉藤だけではない。
今までも、様々な問題でCM契約を破棄された芸能人がいて…。

スポンサードリンク