松居一代の離婚会見を見ていた船越英一郎、「息子よりもお金が大事とでも言うのか…」ポツリとつぶやく 様々な弁護士に協力断られる

「何が大事なのかを考えた中で答えは1つでした。財産です! 財産分与はございません。見事勝ち取りました!!」

松居一代(60才)の生放送会見を“元夫”船越英一郎(57才)は無表情に見ていた。そして、ポツリとこう漏らしたという。

「息子よりもお金が大事とでも言うのか、アイツは…」

 2017年12月15日、船越との離婚が成立した松居は都内ホテルで会見した。その口から出たのは、まさかの勝利宣言。満面の笑みを貼り付けて40分間話し続けた。

「人生の大掃除ができました」

 松居は「求めるのは謝罪のみ」「芸能生活をなげうっても、最高裁まで戦う」という強硬姿勢をとっていた。しかし結果は、2度目の離婚調停で双方合意というスピード決着。なにが起きたのか。

 船越が離婚調停申立書を裁判所に提出したのは2017年6月末のことだった。

「離婚の話し合いが始まったのは2016年年初です。1年後に穏便に離婚することで合意しましたが、約束の2017年2月になって松居さんは応じないと言い出した。そして4月に『自殺する』『1億円払い込まれなければすべてを暴露する』と狂言自殺騒動を起こしました。船越さんもさすがにもう無理だとなったんでしょう。離婚調停の申立書を提出しました」(芸能関係者)

 それを知った松居は“逆襲”を開始する。動画配信サイトを用いて、次々と船越の不貞を訴えたのだ。

スポンサードリンク