最低すぎて許せない!身内が亡くなった時に「他人から言われた」暴言4選

身内が亡くなった時に、なぜそんなことを言うのか…

%e8%91%ac%e5%bc%8f%ef%bc%93


大切な人が亡くなった時、それは人生の中で最も深い悲しみに包まれるのではないだろうか。

堪えたくても堪えきれない悲しみに、涙も止めどなく溢れてくる…。

だが、そんな時に”暴言”を吐かれたらどうだろうか。

今回は、しらべぇ取材班が「身内が亡くなった時に他人から言われて傷ついた言葉」を調査した。


(1)「さっさと死んだおばあさんは素晴らしい!」


「おばあちゃんが死んだ時に、お通夜でお酒を飲みながら『高齢化社会で年金が余裕がないんだから、さっさと死んだおばあちゃんは素晴らしい!』と、
偉そうに言ってきた、近所に住んでいるオジさん。何をもって他人の葬式でそんな失礼なことが言えるのか...張り倒したくなりました」(Eさん・26歳)


(2)「あなたのお兄さん苦手だったから良かった!」


「高校生の時に、兄が亡くなったんですが。その時に親友だった子から、『大変だったね...。でも私...あなたのお兄さん苦手だったから良かった!』と、言われたことがありました。
当時は『え...』と思いながらも、まだ人間的にも幼かったので付き合いを続けていましたが...今思えばあり得ないし、思い返すと吐き気がするほど不快になります」(Mさん・29歳)


(3)「死んだ顔、見して、見して!」


「父親が亡くなった時に、中学時代の同級生がきてくれ。元はイイ奴だったんですが、高学歴大学に行ってチヤホヤされるようになってからクズな人間に。
お葬式でも、お線香をあげにくるなり『死んだ顔、見して、見して!』と棺の中をのぞき、写メをパシャパシャ撮って、爆笑。
人生で一度もキレたことはありませんでしたが...さすがに『もう帰ってくれ!』と胸ぐらをつかんで、追い出しました」(Kさん・28歳)


(4)「お金なくて行けないや...。ごめんちょ...!」


「昨年、母親が亡くなり。その時に女友達から来たLINEが、『お母さん残念だね...。お葬式行きたいんだけど、お金なくて行けないや...。ごめんちょ...!』と。
お葬式に来ないのは全然構わないけれど、ふざけすぎた内容に怒りが。『失礼だから、そういう連絡やめたほうがいいよ』と返信して、連絡先を消しました」(Aさん・26歳)



よくもまぁこんなに無神経な言葉が吐けるなと思う程、ひどい言葉のオンパレードだ。
相手を慰める言葉は言えずとも、このようにひどい言葉だけは言うまい。
スポンサードリンク