※動画あり ミッキー&ミニーに手話で話しかけられた耳の不自由な少年…「素晴らしい動画」と話題に

ミッキー&ミニーに、手話で話しかけられ…




ディズニーランドといえば、様々な”神対応”も話題となる夢の国だ。

これまでも、ティンカーベルが結婚指輪を受け取ってくれたり、22年前の入場券をすんなり使わせてくれたり、水中に落とした指輪を大勢で探してくれたりと心温まるエピソードが多く存在する。

今回も、ディズニーの優しさが溢れている動画が話題となっている。
ミッキーとミニーが耳の不自由な少年に手話で話しかけるのだが、少年の反応は…。

動画は次のページに!




アメリカの児童支援団体「Olive Crest」が公開した動画『Mickey, Minnie and Pluto communicate with child in sign language!』。耳の不自由な少年が、ロサンゼルスのディズニーランドを訪れたときのことだという。

手話通訳者に付き添われた少年が、ミッキー、ミニー、プルートとご対面。まず少年は、小さな手を動かしてプルートに話しかける。プルートは、耳を掴んでなにやらお返事。

すると横にいたミッキー&ミニーが、少年に対して手話で話し始めた。通訳者の手の動きをまねて「はじめまして」と言っているようだが、ミニーの手の動きがとってもスムーズ!

ミッキーたちとお話しできていることが、よほど嬉しかったのだろう。少年は、手話を終えたミニーに、身を預けるようにゆっくりと近づいていく。ミニーはそんな少年の体を受けとめて、おでこにキス。体に腕を回してギュッと抱きしめる。続いてミッキーも両手を広げて少年をあたたかく抱擁した。

ミッキーたちの少年に対する優しい態度、少年が見せた反応を見ていると、顔が自然と笑顔になり、同時に胸がギュッとなる……。ネット上でも「素晴らしい動画だ」「少年がミッキーたちの方に歩いていく姿を見て涙が出た」「感動した」などたくさんの声が聞かれている。

本件を報じた『ABC』に対して、団体は「少年はミッキーたちが “自分の言葉” を話せることを知って、とても喜んでいました。普段はあまり人と抱き合ったりしない子です。だからこそ、彼がどれほど嬉しかったかが伝わってきます」と語っている。


スポンサードリンク