アメリカ・末期がん女性の最期の願い…「ミルクシェイク」が州を越えて届く

末期がん女性の”最期の願い”が叶う




アメリカで、3度もがんを患い闘病生活を送ってきた女性が生涯の幕を閉じた。

女性の最期の願いを叶えたのは、幼なじみの男性とレストラン店主の思いやりだった。
『Inside Edition』や『New York Post』など、複数のメディアが詳細を伝えている。



3度目の膵臓がんを患い末期症状だったため、米バージニア州アーリントン郡にあるホスピスで療養生活を送っていたエミリー・ポメランツさん(50歳)。彼女のもとをワシントンD.Cエリアに暮らすサム・クレインさんが訪れ、「何か欲しいものはない?」と尋ねた。

エミリーさんとサムさんは、オハイオ州クリーブランド・ハイツで子供時代をともに過ごした旧友だった。エミリーさんは「そうね…髪がまた抜けちゃったから(メジャーリーグ野球チームの)クリーブランド・インディアンスの帽子が欲しいわ」とサムさんに告げた。

サムさんは翌日、自分が持っていたその帽子を渡したが、するとエミリーさんは「どうしても欲しいものがあるの」とサムさんに伝えた。それは故郷で2人がよく飲んでいた「Tommy's(トミーズ)」というレストランのモカ・ミルクシェイクだった。

だがエミリーさんは余命わずかで、とてもオハイオ州まで行ける状態ではない。サムさんは是非とも旧友の最期の願いを叶えてやろうと思い、Tommy'sのオーナーであるトミー・フェロさんに事情を綴りメールした。そして数日後にフェロさんから「ウチの自慢のシェイクじゃないか。これまで州を越えて配達したことはないけど、何とかしよう」と連絡があったという。

そこでサムさんは配送会社UPSに連絡し、ドライアイスを入れてミルクシェイクをオハイオ州からバージニア州まで配達することは可能かどうかを問い合わせた。その距離600キロ以上で、当然ながら配送代もかかる。しかしサムさんはフェロさんと協力してエミリーさんのもとへ、9時間以内にモカ・ミルクシェイクを届けることに成功したのだ。

サムさんのFacebookアカウントには、ホスピスのベッドの上で満面の笑みを浮かべてシェイクを手に持つエミリーさんの写真が投稿されている。「エミリーはとても喜んで、弟2人とシェイクをシェアしていました。彼女は何日もこのことを話していました。最期の願いを叶えてくれたTommy'sにはとても感謝しています」とサムさんは綴っており、テックインサイトのインタビューにもこのように語ってくれた。

「エミリーは何年も前にオハイオ州から引っ越してしまいましたが、ずっと私の友人でした。彼女はいつも笑いが絶えず、思いやりがあって気の置けない人柄で、みんなに好かれていました。ミルクシェイク代は120ドル(約13,000円)以上かかりましたが、私がフェロさんに支払うと主張しても彼が全て負担してくれたのです。」

フェロさんは「Facebookを見たら、ウチの店のモカ・ミルクシェイクを持ったエミリーさんの溢れる笑顔が飛び込んできて、胸が熱くなったよ」と明かしている。

残念ながらエミリーさんは、ミルクシェイクが届いてから4日後の7月28日に息を引き取ったそうだ。この投稿はたちまち拡散し、サムさんのアカウントには「Tommy'sのオーナーもだけど、サムさんもすごくいい人だね」「人としての温かさが感じられる」「亡くなったのは悲しいけれど最期の願いが叶えられて良かったね」「サムさんみたいな友人を持ったエミリーさんは幸せだったと思う」といったエミリーさんへの追悼コメントが多数寄せられている。


スポンサードリンク