アメリカ・余命僅かの14歳少年、地元警察の”一日署長”に…「市民をケアすることは、最も理想とするべき姿」

余命僅かの14歳少年、地元警察の”一日署長”に

余命僅かな14歳の少年は、警察官になることが夢だった。
このほど、地元の警察署の”一日署長”に任命され…。

スポンサードリンク