高須院長の“恋人を頑なに整形しない理由”が深すぎると話題に!!

高須院長の“恋人を頑なに整形しない理由”とは?

C47N1VPUcAA0l8b
出典:Twitter

高須クリニック・高須克弥院長(72)と交際中の漫画家・西原理恵子(52)。

彼女の著書『ダーリンは70歳』(小学館)シリーズの内容が、SNS上で話題になっているという。


高須院長は、2009年に西原との熱愛が発覚。

ふたりは20歳も年の差がありながら、おしどりカップルとして有名だ。

そんなふたりの交際の様子を描いた同著では、たびたび西原が高須院長に「整形したい」とお願いする場面がみられる。


だが、高須院長は頑なに整形を拒むのだ。


その深すぎる理由とは?



《自分の身体で美容整形したいとこはたるんだお腹》


《絶対ダメ》


《本当に昔っから直したい一番はこの顔の真ん中に居座ってるどでかい南方あぐら鼻。ニコール・キッドマンみたいな小鼻にして!このお願いはもう何百回もしてるけど》


《できるけど絶対しない》


このように、西原が必死に(時には泣きながら)懇願をしても、高須院長は絶対に彼女にメスを入れないのだそうだ。


高須院長ほどの腕を持つ整形外科医なら、恋人を美しくしてあげることは簡単なはずである。

しかも高須院長は、自身に手術を施して美容整形を試しているのは有名な話だ。

なのになぜ、頑なに西原の整形だけを拒むのか。その理由として、高須院長はこう語った。


《いいですかりえこさん、人は欠損に恋をするんです。黄金率でないもの、弱いもの、足りてないもの、人はそれを見た時、本能で補ってあげようとする。その弱さや未熟さを自分だけが理解していると思う。欠損の理解者になるのです》


この高須院長の言葉に、SNS上では「毎日整形したいと本気で思っていたけど考え直す気になった」など共感の声があがった。


総額1000万円かけて美容整形をしたという20代の女性は、


「整形してたしかに以前よりモテるようにはなりました。でも整形前から付き合っていた彼氏とは整形が完成形に近づいたあたりから上手くいかなくなって別れてしまいました。整形前の私はだれが見てもブサイクでしたが、彼だけは『可愛い』って言ってくれたことをよく思い出します。今から思えば、彼が私の唯一の理解者だったのかもしれません」



と語る。


高須院長の言葉は、美容整形外科であるからこそ響くものがあるのかもしれない。


スポンサードリンク