「私の話、聞いてるの!?」と”彼女をキレさせる”彼氏の地雷行動9パターン

”彼女をキレさせる”彼氏の地雷行動とは?




”女はいつキレるか分からない”

確かに、そのとおりだと思います。

しかし、理不尽にキレることは人としてNGですが、女性側も「ここまでされたらキレる」という彼氏の地雷行動があるようです!

どうして彼女がキレているのか分からないと感じるそこのあなた!
このなかに、その答えがあるかもしれませんよ。


【1】「ふーん」「へー」と適当なのが丸出しの相槌を打つ


「興味ないと言われてるみたいでテンションが下がる」(10代女性)というように、たとえ真剣に聞いていたとしても、返し方がワンパターンだと「生返事」と受け取られやすいようです。「なるほど」「そうなんだ」など、相槌のバリエーションを意識してはいかがでしょうか。


【2】意見を求めるとすぐ「君が決めていいよ」とごまかす


「何を聞いても『好きにしなよ』って、結局どうでもいいんじゃん!って思う」(20代女性)というように、彼女の意思を尊重したつもりが、逆に不誠実な印象を与えることもあります。結論は相手次第だとしても、まず自分の見解を述べたほうが信頼度も上がるでしょう。


【3】目線を落としたまま、ずっとスマホをいじり続ける


「耳に入っているとしても、集中はしてなさそう」(10代女性)というように、スマホばかりいじっているせいで、話を聞き流していると思われてしまうパターンです。どうしても手持無沙汰なら、要点をメモに書き出すなど、彼女の話に関連する作業をしたほうがよさそうです。


【4】まさに今話したことについて、悪びれず質問する


「トンチンカンな質問をされると幻滅。聞いてなかったのが丸分かりなのにドヤ顔されても困ります」(20代女性)というように、会話を盛り上げようとしての行動が、逆効果になるケースです。もし「今言ったでしょ」と突っ込まれたら、変に取り繕おうとせず、素直に謝ったほうが傷は浅いでしょう。


【5】落ち着きなくキョロキョロと周りを見回す


「かわいい子でもいたのかと思うと不愉快だし、続きを言う気も失せる」(20代女性)というように、視線をあちこちに向けていると、あらぬ誤解を招く恐れもあります。周囲に気になるものがあるなら、チラチラ見るより、正直にそう言ったほうがいいでしょう。


【6】「今の言い方○○みたい」と余計なツッコミで話の腰を折る


「お笑い好きなのはいいけど、ちょっと噛んだだけでいじってくるってウザいし、話が進まない」(20代女性)というように、本筋とは関係ない部分に食い付かれて、イライラする女性もいます。短気な彼女なら、明らかなボケ以外はスルーしたほうが安全かもしれません。


【7】質問に「そうなんだ」と返すなど的外れな返事をする


「『どう思う?』の答えが『へえ、なるほどね』だった。ずっと聞いてなかったのがバレバレ!」(20代女性)というように、噛み合わない返事は言い逃れできないミスのひとつでしょう。せめて、話全部ではなく今の部分を聞き逃しただけだと強調し、彼女の不信感を最小限に留めたいものです。


【8】話の中盤で「じゃあそろそろ…」と一方的に切り上げようとする


「まだ肝心なところを話してないのに『行こうか』と言われてビックリ。何この人?と思ってしまった」(20代女性)というように、勝手に話を終わらせようとするのも怒りを買いそうです。次の予定がある場合は、「続きはあとで」と添える配慮も必要でしょう。


【9】重い話の途中、掛かってきた電話にためらわず出る


「私が涙ながらに話してるのに、友達からの電話に『久しぶり!』って…。キレるよりもはやショック」(20代女性)というように、空気を読まない電話応対は、ときとして彼女を傷つけかねません。仕事の用件などで無視できない場合も、せめて一言謝ってから出るのがマナーでしょう。



男性側も、彼女にこれらのことをされたらおもしろくないと思います。
今一度、相手との時間を大切にして話を聞いてあげることが大切ですね。
スポンサードリンク