今井絵理子議員の不倫報道のたびに流れる”SPEED楽曲”に抗議が大噴出!「貶めないで」「思い出を汚さないで」

今井議員の不倫報道のたびに流れる”SPEED楽曲”に…




大人気グループ・SPEEDの元メンバーだった今井絵理子参院議員(33)と、妻子ある神戸市議の橋本健氏(37)との不倫疑惑が世間を騒がせている。

続報も多々流れるなか、そのたびに流れるSPEEDの”楽曲”に抗議の声も噴出しているようだ。



2人が新幹線の中で手をつないで眠っている写真やホテルから時間差で出てくる動画など、どうしても「男女の関係」を想像してしまうが、両者ともに「一線は越えていない」とコメント。ワイドショーではこの事件を放送するたびにSPEEDの楽曲をこぞって使用。中でも「BODY&SOUL」と「White Love」は「全部脱いじゃえば」「その手を離さないで」など想像力をかき立てる歌詞があるため、テロップとして流す演出をしている番組まである。

「この演出には『SPEEDの曲を貶めないで』『思い出を汚さないで』といった抗議の声が噴出しています。SPEEDは96年8月に『BODY&SOUL』でメジャーデビューして大ブレイク。新曲をリリースすればミリオンセラーどころか『White Love』ではダブルミリオンまで叩き出したほど。今井がSPEEDメンバーだったため、不祥事での楽曲使用はしかたのないことでしょうが、思い出を汚されたような気持になる視聴者の気持ちも大変よくわかります」(芸能ライター)

 これら楽曲が流行っていたのはおよそ20年前。「略奪不貞ではない」とコメントを出している今井氏本人も、身から出たサビとはいえ、この騒動でSPEED楽曲が使用されることに胸を痛めていることだろう。


スポンサードリンク