広島・中3女子が転落死 自殺か 授業中などに悪口やからかいが確認され、”いじめ”の可能性

広島・中3女子が転落死 自殺か




※画像はイメージです。

広島市の市立中学校で7月、3年生の女子生徒(14)が校舎から転落して死亡した。

市教委は今月4日、女子生徒に対して他の生徒から「悪口」や「からかい」のいじめがあったことを明らかにした。


市教委などは、いじめによる自殺の可能性もあるとみて、生徒への聞き取りなど詳しい調査を進める方針。

学校側は当初、「5月に実施したアンケートでいじめは確認されなかった」としていた。
だが、学校や市教委によると、改めて教員への聞き取りをした結果、授業中などに悪口やからかいを7件確認したという。

女子生徒の遺族は「いじめを苦に自殺した」と訴えており、市教委は「いじめはあったと認定したが、死亡との因果関係は不明」としている。

女子生徒は先月24日の午前7時半ごろ、学校の駐車場で倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。
スポンサードリンク