それやめて!彼氏が「話を聞いていない」時にとるリアクション3つ

彼氏が「話を聞いていない」時にとるリアクション




聞いてほしいことがあって話しかけているのに、カレってば上の空………。
そんな風に感じたことはありませんか?

しかし、「聞いてるの?」と質問して「聞いてるよ!」と返されては、それ以上強くも言えず…。

ですが、“男性が話を聞いていないときにとる態度”というものが実際にあるそうです!!
あなたのカレは、こんなリアクションをしていませんか?


1) 適当な“相づち”


何を話しても「うん……うん?」とか「へぇ~」などという返事をされると、つい不満が爆発してしまいそうになりますよね! 相づちが適当な場合は、大抵話を聞いていません。


2) 明後日のほうをみている


話をしている人のほうを見ていないというのは、十中八九話を聞いていません。自分の世界に入ってしまっているか、あるいは注意力が散漫になっている可能性もあります。


3) 「いいんじゃない?」を多発


「(どうでも)いいんじゃない?」とも取れるこの発言。「私に興味がないの!?」と腹が立ってくる返答です。この手の発言を多発するようであれば、彼にとっては興味が薄い内容の話だと思って間違いなさそうです。

改めて見てみると、どれも話を聞いていなさそうなリアクションばかりでしたよね。こんな態度を取りながら「聞いていたよ!」と言われても……。皆さまなら、“寛大な心で許す”か“愛のムチを振り落とすか”――いったいどちらの措置を取りますか?

上記3つの反応のように、話しかけても反応が薄いというのは、女性からしてみればちょっと(いや、かなり?)モヤっとしてしまう事案。しかしながら、男性というのは、何かをしながら別のことはできないんです。つまり、テレビを見ながら話を聞くことはできないし、ゲームをしながら話を聞くこともできないということです。基本的に女性はマルチタスク型なので、複数の物事を同時にこなすことができますが、男性はシングルタスクであることがほとんど。つまり、一点集中型というわけなんです。この性質が、話を聞いていないように思われてしまったり、話を聞けない状況に陥ってしまう原因だと言えるのではないかと思います。
少し手間ではありますが、この性質を理解し、彼が何かをしている最中(もしくは、考え事をしている最中)ではないかどうかということを確認してから話しかけるように配慮すれば、きっとこの手のイライラやトラブルは減っていくはずですよ!


スポンサードリンク