静岡・ゲームを注意されて父親刺殺の高校生、「以前からきつく当たってくる父親が怖かった」母親も…

ゲームを注意されて父親刺殺の高校生「父親怖かった」




他に、解決策はなかったのか…。

ゲームをしていることを注意してきた父親を刺殺した高校生が、「以前からきつく当たる父親が怖かった」と供述していることが分かった。
高校生の母親も…。



21日、静岡市で父親の首などを刃物で刺し殺害したとして逮捕された16歳の男子高校生は、取り調べに、「以前から、きつく当たってくる父親が怖かった」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材でわかりました。

 男子高校生は事件当時、夕食の時間に自分の部屋で、ゲームをしていたことを父親から注意されて逆上したとみられています。

 また、母親が、「夫は仕事のストレスを家庭に持ち込んでいた」という趣旨の話をしているということで、警察は、男子高校生の動機などを調べています。


スポンサードリンク