愛知・半年で14回保護された認知症の母、外出を止めた息子の暴行で死亡「迷惑ばかりかけて申し訳ない」と隣家に謝罪

半年で14回保護された認知症の母、息子の暴行で死亡

愛知県で、半年で14回保護された認知症の母が、外出を止めた息子の暴行で死亡するという痛ましい事件が起きた。

息子は、時折いなくなってしまう母をさがし、近所の住民に「迷惑ばかりかけて申し訳ない」と謝罪していたという…。
『週刊女性PRIME』が、悲しすぎる詳細を報じる。

スポンサードリンク