『障害者強制不妊手術』のおそろしすぎる実態明らかに…拒否なら”拘束”、だまして手術も認められていた「今でも医師の言葉は許せない」

『障害者強制不妊手術』のおそろしすぎる実態

来年1月、旧優生保護法(1948~96年)に基づき、知的障害を理由に不妊手術を強いられたのは憲法違反だとして、宮城県内の60代女性が国に損害賠償を求めて仙台地裁に提訴することが分かった。

旧法に基づく不妊手術は、全国でおよそ2万5千件確認されてきたが、国への提訴は今回が初めてのケースとなる。
しかし、強制的に生殖機能を奪い、子孫を根絶やしにするむごたらしい手術は京都府でも繰り返されてきた。

視覚障害をもつ70代の女性は、妊娠が分かった時に医師から言われた言葉が未だに許せないと語る。

スポンサードリンク