怖くて切ない話:「おじちゃんが生きてた中で、一番幸せな時間だった」

「おじちゃんが生きてた中で、一番幸せな時間だった」

自分が小学生の頃、父は単身赴任、母は入院中という時に親戚の家に預けられた。
そこには、「おじちゃん」と呼んでいた近所の独身男性がよく来ていた。

そのおじちゃんが、ある日、酔いつぶれて眠ってしまい…。

スポンサードリンク