セッ〇スをやめると現れる体の変化。実はデメリットばかりだった…これは必見だな!!

①病気になりやすくなる

平均週1~2回の行為をしている人は、

1回未満か全くしない人よりも

免疫グロブリンが高いレベルに

あることが判明しています。

免疫グロブリンは免疫力を

高める効果を持つ抗体タンパク質で、

このレベルが低いと免疫力が落ちて

風邪やインフルエンザ、その他の

感染症にかかりやすくなってしまいます。

長い間してない場合、

ハーブティーなどで

免疫力アップをするとよいです。

②ストレスが溜まる

「2週間に1回程度していればストレスを溜め込まない」

とスコットランド・ペイズリー大学の

Stuart Brody教授は導き出しています。

快感を得ることによって体がリラックスし

ストレスレベルが下がることは、

誰しもが経験的に知っている通り。

我慢することで余計にストレスを

溜めてしまうこともありますので、

我慢するべきではありません。

 

次ページへ続きます

スポンサードリンク