徳島・73歳の母親、難病かかえる49歳息子をロープで絞殺「介護に疲れていた」

殺人の疑いで逮捕された73歳の女は、7日の午前0時過ぎ、鳴門市の自宅で一緒に暮らす次男(49)の首をロープで絞め、殺害した疑いがもたれている。

警察によると、女は夫(76)と次男との3人暮らし。事件当時、次男は1階の自室で1人で寝ていた。

別の部屋で夫婦で寝ていた夫が、女の姿が無いことに気づき、自宅内を探したところ併設する納屋にいた女が「次男を殺害した」と話したという。
女は10年ほど前から難病を抱える次男の介護をしていて、警察の調べに対し「介護に疲れていた」と話し、容疑を認めている。

ABCテレビ

スポンサードリンク