イギリス・命を絶った息子の最期の姿が脳裏から離れず、1ヶ月後に父親が息子の寝室で自殺…発見者は妻

イースト・ライディング・オブ・ヨークシャーのキングストン・アポン・ハルで今年3月と4月に起こったある一家の二重の悲劇についての死因審問が10月1日に行われ、その全容が明らかとなった。

マーティン・レナードさん(48歳)と妻リサさんのひとり息子だったマコーリーさん(21歳)は、今年1月に長年交際していた恋人との関係が破綻して落ち込むようになった。リサさんはそんな息子を心配してうつに効くとされるハーブを購入し、その療法の効果があると感じていた。しかしマコーリーさんは苦悩の中にいたのだろう。3月7日にマコーリーさんは元恋人の女性と会ったのだが、彼女に車の合鍵を返した3時間後に寝室で首を吊って自殺した。

同日の午後9時頃、息子の部屋をノックしたマーティンさんは、返事がなかったことから「もしかして部屋で彼女と一緒にいるのでは」と思った。マコーリーさんの部屋に明かりがついていたため、マーティンさんは再び10分後にノックをした。そして変わり果てた姿の息子を発見したのである。午後9時半頃、通報を受けたハンバーサイド警察が駆けつけているが、それまでにマーティンさんは死に物狂いで息子の蘇生を試みたようだ。しかし、マコーリーさんが息を吹き返すことはなかった。

その後、妻とは息子の死についてあまり多くを語らずに過ごしてきたマーティンさんだったが、たったひとりの我が子を失った悲しみは大きく、リサさんにも「朝、起きて仕事に行くのが辛い」と漏らしていたという。これまで息子を養うために懸命に仕事に励んできたマーティンさんは、仕事をすることにも意味を感じられなくなってしまったようだ。その絶望が一家に更なる悲劇をもたらすことになってしまった。

スポンサードリンク