中国・園児4人の体を”針”で刺した幼稚園教諭に1年半の懲役刑!「昼寝をしなかったので罰を与えた」

我が子を保育園や幼稚園に預ける親は、やはり園の職員を信頼する気持ちがあるだろう。しかしその信頼が大きく裏切られた時、親以上に子供は大きな傷を残す。昨年11月に中国・北京の幼稚園で起こった児童虐待事件の裁判がこのほど行われ、加害者の女教諭に懲役刑が下されたが、ネット上では刑期に対する批判の声が相次いでいるようだ。『shanghaiist』『The Straits Times』などが伝えた。

2017年11月、北京の朝陽区にある「RYB Education New World kindergarten(紅黄藍幼稚園)」で、当時22歳の女教諭による児童虐待事件が起こった。

米ニューヨークに運営拠点を置く「RYB Education」は、中国全土で500もの幼稚園を運営するだけでなく、6歳以下の子供たちのための学習センターを約1,300店舗にわたり展開している。中国語と英語を学ぶバイリンガル児童のための富裕層を対象とした幼稚園として著名なだけに、この騒動は中国全土で大きなスキャンダルとして報じられた。

園児の親が、我が子の腕や大腿部に針で刺されたような痕があることに気付き、通報したことで事態が公になった。捜査を行った警察は、園児4人に対して「昼寝をしなかったので罰を与えた」と自供した劉という女教諭を、児童虐待罪で逮捕した。今年の12月28日、北京市朝陽区人民法院で行われた裁判では、判事が「被告の行為は、未成年の児童に心身ともに深いダメージを与える卑劣で恥ずべき行為だ」と糾弾。その後、劉は1年半の懲役刑が科せられるとともに、出所後5年間は未成年者がいる職場での勤務を禁じられた。同幼稚園は当初、子供たちが教諭に何らかの錠剤を飲まされたり性的暴行を受けていた可能性が疑われていたが、それらについて裁判で触れられることはなかった。

スポンサードリンク