熊切あさ美の恋愛遍歴が”重すぎる”と話題に…学生時代は好きな相手のリコーダーをこっそり吹いたことも

熊切あさ美の重すぎる”しくじり”とは?

001


歌舞伎役者の片岡愛之助との交際や、ヤクルトスワローズの若き主砲・山田哲人との交際報道など、なにかと色恋沙汰に欠かないタレントの熊切あさ美。

そんな彼女が28日に放送されたテレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間SP』に講師として出演。
過去の交際エピソードを赤裸々に語り、話題となった。

彼女の重すぎる”しくじり”は次のとおりだ。


初恋から既に”重かった”

0156fbb7


冒頭部分、中学時代の初恋から重かったと過去を回想する熊切。その内容が凄かった。

・一度も話したことがないのに好きになり、告白
・放課後に相手の笛の先を自分のものと交換して吹いて楽しむ
・後をつけて家を突き止める


など、時代が時代ならストーカー扱いされてもおかしくない行動をとっていたという。
しかし、1年越しの告白が成功したのもあり、彼女の重い女人生は始まってしまったようだ。

その後、アイドルグループの一員になったがグループはすぐに解散。
すっかり肉食系女子としてめざめた彼女は、バラエティタレント、野球選手などと交際を重ねるようになった。

その中で、「相手の私服でロケ番組に出る」「相手の持ち物に自分のサインを書く」など、数々の重い行動をしていたそうだ。
これには他の出演者も絶句。
とくにゲストの中村静香などは顔が引きつっており、発言も少なめだった。不用意に絡んで、火の粉が自分に飛んでくるのを恐れた可能性もあるかもしれない。

そして、熊切は映画での共演を機に歌舞伎役者の愛之助と交際開始。
もともと、熊切は料理や掃除など家事は一切できなかったそうだが、彼との交際にあたっては「花嫁修業」を始めたそうだ。
また、愛之助のイメージ低下にならないように、今までの「崖っぷちアイドル」キャラの仕事は受けなくなったそう。

しかし、最終的に交際は破局を迎え、愛之助は女優の藤原紀香と結婚。
熊切は36歳になった今も「売れ残っている」のが現実だそうだ。
この赤裸々なトークに視聴者も当然のようにドン引きだったようで、
「怖い」
「友達でも嫌だ」
「不快」
などの意見がある一方で、
「熊切は頑張ってきたんだな」
「好きになってきた」
「幸せになってほしい」
など応援するメッセージも書き込まれていた。

重いエピソードの多い彼女ではあるが、いつかは素敵な人とハッピーエンドがむかえられると良い。
スポンサードリンク