本当にやった復讐:兄のモラハラが凄かった。言葉一つ吐くのにも顔色を窺わなきゃいけなくなって…

言葉一つ吐くのにも、顔色を窺わなければならないほどの兄

wütende Frau

「ここ通りたかったら『私はゴミです』って十回言わないとダメ」

など、兄は幼い頃からも原良予備軍の気配が漂っていた。

成長してからは言葉一つ吐くのにも、顔色を窺わなければならないほど。

だから、私は兄に復讐することにした!!

スポンサードリンク