後味の悪い話:決して近づいてはいけないと言われている井戸に、友達を突き落としてしまった少年

決して近づいてはいけないと言われている井戸に…

昭和初期の話。

とある地方の山村に、一人の少年が住んでいた。歳は十一才。
父は戦争に狩り出され、母と二人暮らしだった。

ある日、少年は「絶対に近づいてはいけない」と言われている井戸に友達を突き落としてしまい…。

スポンサードリンク