警察の怖い話:誰が通報してきたか分からない電話

誰が通報してきたか、分からない…




他県で警官をやってた叔父さん(すでに他界)が、子供の頃によく話してくれた話。

叔父がまだ新米の頃、お盆に数人の男女が高波にさらわれて行方不明になったそうだ。
だけど、その通報の電話をかけてきた女が…。



11/08/18
今年も水の事故多いな。

俺は全然霊感とかないけど、盆に起きた強烈に記憶に焼き付いている話(正直トラウマ)をしようと思う。

今からする話は、他県で警官をやってた叔父さん(すでに他界)が子供の頃によく話してくれた話。

よく盆には水辺に近づくなと言うが、叔父がまだ新米の頃、盆に数人の男女が高波にさらわれて行方不明になったそうだ。

後日全員の遺体が見つかり、大したニュースにもならなかったらしいが、その事故は叔父の同僚で知らない人間はいないくらいに署で有名になったそうだ。

事故の数日後に市民から遺体がうち上がっている旨の通報があり、遺体が回収できたそうなのだが、その通報が奇妙だった。

・打ち上げられた浜が普通の人間が立ち寄らないような場所だった。(当然、人は近くに住んでいないし、名前はあるが普通の地図には乗っていないような浜)

・遺体を発見したというのに通報先の人は全く動揺していない。しかもその人は明らかに女性。

極めつけは最後になぜか「本当にありがとうございました。」と言って自分の名も告げることなく電話を切ったそうだ。

これだけでもじゅうぶん不思議なんだがさらに、

・遺体の上がった浜は海流的にたどり着くはずのない場所だった。

・通報してきた女性を事情聴取するために通報先を探しても、存在していない番号からかけられていた。

・回収された遺体の保存状態が信じられないほど良かった。

などちょっとありえない事が続いたらしい。

事件性もなく、結局は事故として処理されたそうだが、署の若い人の中では当時この話で持ちきりだったらしい。

叔父は直接電話を受けたわけではなかったそうだが、会話を録音したテープを実際聞く機会があったらしく、叔父いわく

「あの全く感情のない声には心底ぞっとした」そうだ。

すでに叔父は他界し、事実を確かめる気にもならないが、毎年この時期になるたびこの話を思い出す。


スポンサードリンク