渡辺直美、『いいとも!』のディレクターから嫌がらせを受けていたことを告白「ミスをしたスタッフに対しツバを吐くこともあった人」

渡辺直美、ディレクターから嫌がらせを受けていた過去




人気お笑いタレントの渡辺直美が、6月13日放送の日本テレビ系『ザ!世界仰天ニュース』に出演。
同番組司会の中居正広と笑福亭鶴瓶とは、フジテレビ系『笑っていいとも!』時代から交流があるためか、渡辺は『いいとも!』にまつわる苦い思い出を話し、波紋を広げている。



渡辺は「タモリさんとかいろんな方とお仕事ができることはうれしかったんですけど、(ディレクターが)本当に嫌な奴で」と、当時『いいとも!』のディレクターから嫌がらせを受けていたことを告白。これに対して中居は「いいやつだけどねぇ? そんなあからさまにする?」と信じられない様子。さらに、渡辺だけでなくスタッフにも横暴な態度を取っていたようで、ミスをしたスタッフに対しツバを吐くこともあったという。

これにはスタジオも驚愕。度が過ぎていることに対し中居は「すっげぇおもしれぇ」と面白がっていたが、そのディレクターはすでにフジテレビ内では有名だという。

「もともと『いいとも!』時代から有名な話で、若手芸人には特に厳しい人でした。渡辺さんも話していましたが、褒める時はちゃんと褒めるんですよ。ただ、機嫌が悪いときは最悪。ツバだけでなく殴られたADとかもいたんじゃないかな。テレビ局は今も昔と変わらず男社会なのでそんなこと日常茶飯事なのですが、パワハラに対して厳しくなった今の時代でも、テレビ業界は問題行為が多発していると思います」

今回の渡辺の発言を受け、評判が悪いスタッフはフジに多いと芸能記者は語る。

「社風が出るんでしょうね。仕事柄テレビ局の方と飲む機会がたくさんありますが、女性の業界関係者から話を聞くとフジのスタッフが断トツで不人気(笑)。逆に日本テレビとTBSの局員はとても評判が良いです。特に日テレは温厚な方が多いらしく、実際私の知り合いも皆さん気立てが良く、嫌な気分にならずに家路につけます。テレビのかたは飲み方も遊び方も派手な人が多いので、女性は特に大変だと思います。実際、そういった飲み会で体を損なってしまう新入社員や記者も多いといいますし」

テレビの視聴数は下がる一方だが、話を聞く限りこの業界はまだ元気なようだ。とはいえ昨今、何かとテレビ局の人間の不祥事が目立つなど、テレビマンには肩身の狭い世の中になりつつある。今後は若手芸能人だからといって邪険に扱うと、売れたときに返り討ちにあう可能性があるかもしれない。


スポンサードリンク