アメリカ・14歳の少女が風呂で携帯電話を使おうとして感電死!「他の人に起きる必要のない悲劇」

少女が風呂で携帯電話を使おうとして感電死




アメリカのニューメキシコ州で、7月9日の朝(現地時間)、痛ましい事件が起きた。
なんと、父親の自宅の浴槽で携帯電話を使おうとしていた14歳の少女が、感電して死亡したというのだ。地元メディアKCBDが次のように報じる。


少女の母親と祖母はKCBDの取材に対し、少女は浴槽で、携帯電話をバスルームのコンセントから充電しようとしていたか、すでに充電されていた携帯電話を手に取ったのではないかと話しているという。

父親が少女を発見して病院に搬送されたが、病院で死亡が確認された。

祖母は、

「携帯電話を取ろうとしていたであろう手に、火傷の跡が残っていた。何が起きたのか一目瞭然だった」

と語る。
少女は中学校を卒業したばかりで、高校の入学を控えていたという。

祖母は続けて、

「他の人に起きる必要のない悲劇」

「これをきっかけに、バスルームで充電している携帯電話を使ってはいけないと意識してもらえれば」


と訴えた。
スポンサードリンク