仙台・63歳娘が包丁4本持ち出し83歳の母を刺す…「父母から暴行を受けていた」

63歳娘、83歳の母を刺す




宮城県仙台市で、自宅で寝ている母親の頭部などを包丁で刺して殺害しようとしたとして、13日、無職・黒沼美和子容疑者(63)が殺人未遂の現行犯で逮捕された。



逮捕容疑は同日午前2時20分ごろ、「殺してやる」と大声を上げ、自宅の母親(83)の寝ている寝室に入り、台所から持ち出した包丁4本で、右後頭部1カ所、右手の甲複数カ所を刺し殺害しようとしたとしている。容疑者が犯行5分後に「母親を殺した」と110番通報し、駆けつけた署員が逮捕した。

 同署によると、母親は市内の病院に搬送されたが、意識はあり会話もできる状態という。容疑者は「父母から暴行を受けていて、逆に殺されるかもしれないと思った」という趣旨の供述をしていることから、家族間トラブルと見て調べている。


スポンサードリンク