キャンプで起きた怖い話:一年に一度しか会わない友人たちが…

一年に一度しか会わない友人たちが…




高校時代の友達で交流のある友人ふたりと、一年に一度だけ会っていた。
集合するのは7月末の土日で、キャンプをするのが恒例だったんだけど…。



09/10/04
一年に一度しか会わない友人がいる。

AとBそして俺。高校時代の友達で交流のあるのはこの二人だけ。集合するのは7月末の土日。Aの召集で二泊三日のキャンプをする。

お互い現在の仕事なり住居なりの場所は大体分かるのだが、詳しく聞いたり行ったりしたことはない。

信州の未整備の森の中で渓流の水を汲み、米を炊き、肉を焼く。

40歳に手が届きそうな男三人が、その三日間、焚き木をかこみ、小学生がするような話をする。

この夏、おそらくキャンプをはじめて10周年になると思い起こし、焚き木を囲んで一年目からのエピソードをお互い思い起こしながら語り合った。

しかしどうも要領をえない。Aはこの集まりが大学院を卒業した25歳の夏であると断言したが、自分は東京から帰ってきた27歳であると考えている。

一方、Bは29歳の結婚式に、Aと俺を式へ招待し、再会してから交流が復活したとのこと。

アルコールにやられた、よくあるおっさんの勘違いと笑いあったが、話を進めるうちにだんだんと嫌な空気になっていく。

キャンプが始まったのはそれぞれの人生の転機からであり、自分においては27歳まで地元に帰るのは正月とGWそして、祖父の死去したときだけであった。会えるはずがない。

Bの結婚式へだって、本人を前にして失礼であるので言えなかったが、次の朝Aと確認したのだが呼ばれた記憶もない。

「呼ばれたなら自分の結婚式にも呼んでるからな、、、。」

とA。この言葉で自分たち三人がすでに既婚者であることが判明した。

エピソードは、ほぼ符合している。しかし、このキャンプが始まったきっかけがあいまいかつ、始まった年が符合していない。いらいらしていたAが冗談めかして

「みんな何年生まれよ。何歳よ。」

との言葉に俺が昭和47年と答えてから場の空気が凍りついた。生まれた年がそれぞれ違うのだ。

あわてて互いに財布を出し免許証を確認しあったが、AとBは4つ違いであった、、、。高校時代にダブったってこともないのに。

「水〇会の名簿見たら何期生かわかる。」とB。「ハア?お前、三〇高校だろ?」

とA。ここで三人のうちBの高校が違っていることが判明。

孤独だった高校時代それが三人の共通点らしい。なぜなら共通の友だちの話題からもっと早く気づいていたはずだから。

しかし、徹夜した文化祭前夜の記憶や、その出し物。Aのうちがたまり場だった時の様子。そこでしたゲーム「ポピュラス」ディスクドライブの「ザナック」。

高2の時、初詣でBが急性アルコール中毒になったこと。これらはこの場で、思い出し笑いあったことではなかったか?俺たちはどこで知り合い、そして10年も馬鹿話しているのか。

今年のキャンプは、ことのほか盛大であった。とくにアルコールの量が。しかしその底には、冷たくよそよそしい雰囲気が横たわっていた。

時空の歪みとは違っていましたね。すいませんでした。来年もAからの携帯電話が鳴れば11周年を行うでしょう。



575:09/10/04(日)03:59:36ID:NmlhWk28P
何か怖い



576:09/10/04(日)04:15:13ID:KV4NQAIKO
怖すぎる…
実話ですか?



577:09/10/04(日)05:04:19ID:38+1JlGe0
>これらはこの場で、思い出し笑いあったことではなかったか?

毎回飲んでるみたいだから、人の話を自分の経験として「あー、あったあった」みたいに記憶しちゃったとか?

それか、Bが最初は高校の同級生だってウソついて交流が始まったとか…みんながそれぞれを誰か別の人と勘違いして付き合ってたとか…



578:09/10/04(日)05:12:47ID:CGPgCMkW0
やっぱりBさんです。

Aとの共通の記憶は多いように感じる。彼の得体がわからなくなってきたな、、、。



586:09/10/04(日)21:27:59ID:ZjfUR5g+0
派手な現象がないのにすげえ怖いな。
いい話だ。


スポンサードリンク