レイザーラモンHGの妻・住谷杏奈が2年間で1億円失った過去を告白「早く芸人をやめなよ」と言って夫婦仲が険悪だったことも

2年間で1億円を失った住谷杏奈




お笑い芸人・レイザーラモンHG(41)と妻の住谷杏奈(34)が、16日放送のテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に夫婦で出演。
夫婦関係が崩壊した過去や、その理由について語った。



2005年にブレークした時には月収1200万円あったHGと、月収15万円だった杏奈夫人。06年8月に結婚し、2児をもうけた。HGはプロレスラーとして左足かかとを粉砕骨折し、全治8か月となり月収7000円までダウン。そのタイミングで杏奈はコスメ、ファッション、補整下着のプロデュースで年収1億円を突破するようになり、夫婦関係は逆転した。

 稼ぎだした杏奈は「50万円落としたけれど、もういいやと思って警察に届けなかった」など当時の豪快エピソードを語り、HGに「私が稼いでいるし、早く芸人をやめてよ」などと言い、夫婦関係は険悪になったという。だが杏奈が夫に内緒で6000万円を投資しピザ屋をオープン。2年間で赤字4000万円を出し、計1億円を失った。

 その時は、コツコツと漫才をやってきたHGが杏奈の危機を救ったという。HGは「(嫁が)稼いでくれていたおかげで、漫才ができた」と感謝。最後は教訓として「1人は家族のために、家族は1人のために、ワン・フォア・オール、オール・フォア・ワン」と仲良く読み上げていた。


スポンサードリンク