闇が深い話:夜中の1時頃、3〜4歳の男の子が「助けて」と叫びながら走っていた

男の子が「助けて」と叫びながら走っていて…

20年ほど前に経験した話。

夜中の1時頃、バイトが終わって帰宅途中だった。
すると、国道を3〜4歳くらいの男の子が「助けて」と叫びながら走っていて…。

スポンサードリンク