大阪・生後3ヶ月の長男を10時間放置して死なせる 36歳の父親と19歳の母親逮捕

生後3ヶ月の長男を10時間放置して死なせた両親逮捕




大阪・住之江区で、生後3カ月の長男を自宅に10時間置き去りにしたとして、両親が逮捕された。
長男はその後、死亡した。


保護責任者遺棄の疑いで逮捕されたのは、住之江区に住む自営業の36歳の父親と19歳の母親のふたり。

警察によると、ふたりは16日の午後11時から17日午前9時ごろまで、生後3カ月の長男を自宅に置いたまま外出した疑いが持たれている。
ふたりは子どもを自宅にひとりで置いて、大阪市内のホテルに滞在していたという。

ふたりが自宅に戻ると、長男はうつぶせで息をしておらず、父親が消防に通報。長男は搬送先の病院で死亡が確認された。
長男に外傷はなく、死因は窒息死とみられる。

警察の調べに対して、母親は「置き去りにしたのは間違いない」と話し、父親も容疑を認めているという。
警察は18日、司法解剖を行って長男が死亡した経緯を調べる方針。
スポンサードリンク