怨念が怖い話:歓楽街で彼氏の首をがっしり掴みながら歩く女がいた

彼氏の首をがっしり掴みながら歩く女




”名古屋の歌舞伎町”と呼ばれる歓楽街での出来事。

あるカップルがいやにベタベタしながら歩いているのが見えた。
彼女が彼氏の首をがっしり掴んでいたのだが…。



07/11/08
数年前まで名古屋に住んでいたのですが、名古屋の歌舞伎町と呼ばれる歓楽街があります。

昼間と夜では全く違う顔を持つそこですが、そのちょうど中間時、夕方に友人と歩いていた時のこと(買い物かなんかしてて、たまたまその辺を歩いていた)

正面から来るカップルが、異様にベッタリくっついて歩いていたのでかなり目をひき、ジロジロと見てしまいました。

男の方はスーツを着た一見普通な感じ、女の人の方も多少若作りな印象ですが、最近のオネエ系みたいな格好で、その男に女が横から首に手を回してがっしり抱きついて歩いていたのです。

「うわあ、あんなにくっついてたら歩きづらいだろうに」と思い、隣にいる友人に報告しようと思ったら、その女と目が合いました。

あまりにジロジロ見てたために不機嫌な感じで、キッと睨まれました。気まずくなって、私はそれ以上見ることも友人に話すこともやめました。

その日の夜、夢にその女が現れたのです。私の部屋のテーブルを挟んで、私と女は向かい合って座っており、女は私に、抱きついていた男の怨みつらみをグダグダと訴えてきます。

その男のために体を売ったりしてまでお金を作ったのに裏切られた、とか子供を何人も堕ろしたとかうんぬん。

嫌な夢を見たなあと思って目覚めたのですが、それから毎晩夢に出てくるようになりました。私の代わりにあの男に復讐して欲しいとかなんとか。

その夢を見た時は、女はもうこの世にいないんだと思ったのですが、直感的に生霊ではないかと思いました。そしてそれは何度目かの夢に女が現れた時に確信になりました。

復讐なら自分でやれと言うと、自分は施設に入院していて出られない、とかなんとか言うのです。

もう、面倒くさいやら迷惑やら気持ち悪いやらでうんざりしてしまいました。しかも、起きた時やたらと頭が痛いのです。

そんなおり、いつもの様に一人で買い物に出かけると、道に迷ってしまいました。

私はもともと方向音痴で、しかも田舎者なので名古屋の街中ではよく迷うので、そこまであわてずに、コンビニで道を聞いたりしながら軌道修正に取り掛かりました。すると、あの男に出会ってしまったのです。

その男は、開店準備をしているクラブ(キャバクラ?)のお店の業者さんと色々打ち合わせをしている感じで忙しく店から出入りしていました。そういう店の経営者の様です。

驚いたというか、それまでの経緯もあって立ち止まって見入ってしまいました。

その時、その店の隣にある店との間に乱雑に積まれたゴミの中に、例の女がいることに気づき、あわてて来た道を戻りました。

あの男の所へ誘導されてしまったのだろうか、知らない間にあの女に体を乗っ取られてしまうのではないだろうか、と物凄い恐怖に襲われました。

その日も女は夢に出てきました。なぜようやくアイツに出会えたのに、とか色々言ってくるので、「うるさいなあ!他を当たってくれる!迷惑!」とか言って女を張り倒しました。

それが効いたのでしょうか?それ以来女が夢に現れることはなくなりました。

しかしそれにしてもあの女はなぜ私なんかのところにきたのでしょう?そして今もあの男にくっついて移動してるんでしょうか?

けれど、水商売とかああいう仕事って色々拾ってきたり、怨みとかそういうのも背負いやすいっていいますね。

それ以外にも、電車に乗っていて、いかにもホストな兄ちゃんの腕に、鬼のような形相の女の顔をした蛇がうねうね這っていたり(タトゥーではないですよ)

お水な姉ちゃんのカバンにちっさいおっさんがいるのとか見たことあります。

色恋沙汰でのトラブルって一番怖いかも。


スポンサードリンク